-->

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加工ヘッドブラスト処理 Monkey 2008年05月13日[12:25]
NEC_0258.jpg

先日ポート加工したモンキーのヘッドはとても汚かったので、ブラスト処理しました
中身はバラしたまま内部にサンドが侵入しないように養生からスタートです

NEC_0259.jpg

ヘッドガスケットを型にして2mmのアルミ板をカットしてシリンダーとの合わせ面の養生治具を作りました

NEC_0260.jpg

これをM6の全ネジボルトで挟みます

NEC_0261.jpg

ヘッドカバーキタネェなぁ…
前の持ち主はどういう保管をしていたのでしょうか
カムカバーは以前ロックする爪を折ってしまっていらなくなったものを養生として採用しました
捨てないでいてよかったです

NEC_0262.jpg

吸気側は使わなくなった中華マニホを取り付けてガムテープで養生です
排気側は治具を作っておかなかったので、電気屋ご用達のゴムで出来たブッシング(メクラ蓋)を押し込んで、表面保護はマニホ用のガスケットがぴったり合ったので貼り付けてナットで固定しました
画像はありませんが、プラグの穴は当然使わなくなったプラグをブッ挿しました

NEC_0265.jpg

あとはコンプレッサーに繋いだサンドブラストマシーンの中に放り込んでひたすらアルミナをぶっ掛けるだけです

NEC_0267.jpgNEC_0269_20080513121807.jpg

コンプレッサーにエアが溜まるのを待っている時間を除いて、実質作業は15分はかかっていないと思います
トータルでも20分位でしょうか…
実にお手軽お気軽にブラスト作業が完了です

このヘッドはこのあとバフなんて掛けられないし、塗装もしないので、次回ガラスビーズを掛けようと思います
残念ながら今はガラスビーズをきらしているのと、アルミナとの入れ替えが面倒くさいので、他のものもブラスト掛けています
どうせならアルミナ処理が必要なものをやるだけやってからガラスビーズにした方が効率いいですね

一度ガラスビーズに変えてしまうとまた当分アルミナには戻さないと思われ…

◇この記事へのコメント◇

プーリーケースカバーも
サンブラに入るかなー?

エッと!宅配便の用紙と箱を用意して・・・ (笑)

2008/05/13(火) 18:17:51 | URL | tomonoe #-[ 編集]
もちろん入りますよ~♪
今なら即使える状態ですので、到着翌日には送り返せますよ

サンドブラスト処理後はホントに塗装の乗りがいいと思います!
ぜひご利用を~♪
2008/05/13(火) 18:24:29 | URL | orecamo #znbroFtE[ 編集]
アルミナは経験あるんですが
ガラスビーズは処理後どんな処理なんですか?
2008/05/13(火) 18:47:32 | URL | ゆっつ #-[ 編集]
ガラスビーズは粒度にもよるでしょうけど、アルミナって処理後の状態って表現としては艶消しじゃないですか?

それに対してガラスビーズは艶がでます
もちろんビーズ(砂)状態ですので、バフ掛けのような鏡面にはなりませんけど、アルミナ後にピカールで研いたような感じになりますよ

オレは今回のヘッドのようなバフ掛けなんてとてもできないような形状の仕上げや、バフ掛けするものの下地として使ってます

そのままの状態でも十分いい感じになりますよ~♪

ちなみに、今回のような汚れの酷いものや塗装されているものをブラストするときはやっぱりアルミナからじゃないときれいにならないです
無垢のアルミとかだったらいきなりガラスビーズでもいけますよ♪
2008/05/13(火) 18:59:49 | URL | orecamo #znbroFtE[ 編集]
自分のもサンブラ処理して欲しいなぁ~
2008/05/14(水) 06:26:34 | URL | しょぼくれ #vOq7aob.[ 編集]
サンブラの箱に入るものでしたら大丈夫ですよ~
どれくらいの大きさですか?
2008/05/14(水) 06:37:36 | URL | orecamo #znbroFtE[ 編集]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
◇トラックバック
スポンサーサイト 加工ヘッドブラスト処理のトラックバックURLはこちら
http://missfreedom.blog1.fc2.com/tb.php/303-5c4d07a8
バギー復活ののろし◇ Home. ◇ピストンベアリング交換



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。